運転免許コラム

運転免許の仕組み

運転に必要な知識や技能のない人が、 道路で自由に自動車や原動機付自転車を運転することは大変危険です。
このようなことから、運転免許証は、運転の適性、 運転に必要な知識と技能が一定の水準に達している人にのみ交付され、道路で自動車や原動機付自転車を運転することが許可されています。

ここではそんな運転免許のしくみや決まりについてご紹介します。
合宿免許や通学で教習所に通う前に簡単に頭に入れて行くと理解がしやすいかもしれません!

line

無免許運転の禁止

  • 道路で自動車や原動機付自転車を運転するときは、その車種やけん引などの状態に応じた免許を受けていなければなりません。
  • 免許を受けていても、免許停止処分中の人はその期間運転することはできません。
  • 無免許運転の例
    1. 免許証を受けないで運転したとき。
    2. 有効期間の過ぎた免許証で運転したとき。
    3. 免許の取り消しを受けた後で運転したとき。
    4. 免許の停止、仮停止期間中に運転したとき。
    5. 試験に合格した後、免許証の交付を受ける前に運転したとき。
    6. その免許では運転できない車を運転したとき(免許外運転)。
line

運転免許証の提携と提示

  • 自動車や原動機付自転車を運転するときは、
    その車を運転することができる免許証を携帯していなければなりません。
  • 自動車や原動機付自転車を運転しているときに、警察官から免許の提示を求められたときは、
    これを提示しなければなりません。
line

運転免許の区分

第一種運転免許 自動車や原動機付自転車を運転する場合に必要な免許
(第二種運転免許が必要な場合を除きます)
第二種運転免許 乗合バスやタクシーなどの旅客自動車を、旅客運送のために運転する場合に必要な免許
乗合バスやタクシーなどでも、回送など旅客運送を目的としない場合は
第二種免許がなくても運転することができます
仮運転免許 第一種免許を受けようとする人が、練習などのため大型自動車や普通自動車を
運転する場合に必要な免許(*)

(*)次のような場合は仮免許が必要になります。
普通免許の運転資格を受ける場合
指定自動車教習所で普通免許の卒業検定を受ける場合
大型自動車や、普通自動車の第一種免許を受けようとする人が道路で運転練習する場合

  運転できる車種
- 大型中型普通大特大二普二小特原付






大型   
中型    
普通     
大特     
大二    
普二     
小特       
原付       
  • 大型自動車 大型トラックなど
  • 中型自動車 トラック、マイクロバスなど
  • 普通自動車 普通乗用車(軽自動車含む)など
  • 大型特殊自動車 ブルドーザーなど
  • 大型自動二輪車 大型バイク
  • 普通自動二輪車 中型バイク
  • 小型特殊自動車 農耕用トラクターなど
  • 原動機付自動車 原付バイクなど

line

けん引免許

大型自動車、普通自動車、大型特殊自動車のいずれかでほかの車をけん引するときは、 けん引する自動車の種類の応じた免許のほか、けん引免許が必要です。
しかし、車の総重量(人や荷物をのせた状態での車全体の重さ)が750kg以下の車をけん引するときや故障車をロープ、クレーンなどでけん引するときは、けん引免許は必要ありません。
line

緊急自動車の運転

緊急自動車を運転する場合には、運転免許のほかに、運転経験年数など次の資格が必要です。
(公安委員会の審査に合格した人などは除きます)
  • 大型自動車・・・21歳以上で免許取得3年以上
  • 普通自動車・・・免許取得2年以上
  • 大型・普通自動二輪・・・免許取得2年以上
line

合宿免許ダイレクト「運転免許の仕組み」ページ

「合宿免許ダイレクトのご案内する運転免許の仕組み。運転免許のしくみや決まりについてご紹介します。 」
合宿免許・通学教習所のことなら合宿免許ダイレクト!教習所直営なので安心、格安価格でご利用いただけます。
京都・神戸・広島・岡山・福岡・千葉・神奈川などの各方面で、激安の合宿免許プランをご紹介!
気になるエリアを網羅した総合パンフレットも即日発送で無料送付致します!