大型の構内試験「路端・隘路」

路端における停車および発進

「路端停止発進」の項目は、路端いっぱい(30cm未満)に沿って車体を平行に駐停車させた後、
車体左側後方の安全確認を行い、前方障害物を回避し発進するという項目です。
当然、停止位置が合わない場合や平行でない場合は減点対象となります。
所定の位置に車体を収めることができなかった場合は切り返しをすることになりますが、
その都度減点となり、4回の切り返しで中止となります。

路端における停車および発進

  • 目標のポールにバンパーの先端をあわせて停車する
  • 一発試験前輪と後輪部分の車体の段差が30cm未満となるように、路端と平行にする
  • 一発試験路端と車体の間は30cm未満にする(停車後、指導員に申告する)
  • 大型免許斜めに停車した場合などは、切り返しをして修正する
  • 大型免許正しく停車した後、発進するときは、左後方のオーバーハングを必ず確認する
悪い停車例

路端

停車して車体のどの部分も路端から30cm以上離れ、
かつ、前輪と後輪部分の車体の段差が30cmある。

路端

停車して車体の一部が路端から30cm未満に入っているが、前輪と後輪部分の車体の段差が30cm以上ある。

路端

停車して前輪と後輪部分の車体の段差が30cm未満だが、車体のどの部分も路端から30cm以上離れている。

line

隘路(あいろ)への進入

隘路(あいろ)とは

「隘路」とは、右折又は左折で進入路(幅6m)からはみ出さないように進入し、
止まることなく90度方向を変え、幅3m、長さ12mに引かれた2本のラインの範囲に車体を収める項目です。
収まらなかった場合は切り返しをさせられ、4回の切り返しで中止となります。

路端における停車および発進

  • 内輪差、外輪差に伴う車体感覚をつかみ、白線内に車を誘導する
  • 視点を一点に集中せず、進路に応じて適切に目配りをする
  • 進入しはじめたら途中で停止しない
隘路へ進入のしかた(右折の場合)

@白線に沿ってまっすぐすすむ(そして車を入れる場所を見ておく)
隘路(あいろ)への進入

Aタイミングを見てハンドルを切る(前輪がaのあたりにきたとき)

隘路(あいろ)への進入

B車体を左右の白線内に入れる(停車後、指導員に申告する)

隘路(あいろ)への進入
  • 左右の白線と車体が平行かどうか目視やミラーなどで確認する。
  • 車体の最先端(バンパー)が左右の白線の先端位置にあるかミラーで確認する。

悪い停車例
停車
斜めに停車している・左右の白線の先端位置より出て停車している

もし失敗したら・・・
白線の範囲内に車をおさめられなかった場合は切り返しをして、正しい位置に停車します。

  • 切り返しによる修正は、指導員への申告の前後あわせて3回以内で行う
  • 切り返しをするときは、次の範囲で行う。
バンパーが前の白線をこえない
大型免許 法改正後輪の接地面が左右の白線の後端位置より下がらない
大型免許リアオーバーハングは左右の白線から出てもかまわない
line

合宿免許ダイレクト「構内試験「路端・隘路」」ページ

「大型免許の試験内容構内試験「路端・隘路」について。法改正後、大型一種の一発試験が非常に困難になりました。」
合宿免許・通学教習所のことなら合宿免許ダイレクト!教習所直営なので安心、格安価格でご利用いただけます。
京都・神戸・広島・岡山・福岡・千葉・神奈川などの各方面で、激安の合宿免許プランをご紹介!
気になるエリアを網羅した総合パンフレットも即日発送で無料送付致します!